自動運転とは?最新技術と各種これまでの機能や未来について

>

今後期待される自動運転車の性能とは

今後の予想

まず導入前の法整備について、議論を深めていく必要があります。
法整備と車と開発のバランスが取れていないと、消費者の足並みも揃いません。
車間距離制御装置の他にも自身や同乗者が安全に過ごすために、法定速度を超えないように速度を車側で制限したり、あおり運転など事故に繋がりそうな状況に陥った時にワンタッチで通報したりする車載システムなど、分かりやすいメリットが欲しいものです。
せっかく利便性のある自動運転車を利用するなら、公道を走ることが可能なレベルに到達させることも求められますね。
憲法や法律にどのような変化が生まれるか、生産者が消費者のニーズをどれくらい掴めるかも、今後の発展に大きな影響を及ぼすのではないでしょうか。

希望するシステムや性能は?

皆さんが自動運転に求めるものは何でしょうか。
こちらに書かれているのはあくまで一例ですが、皆さんも自分でどのような機能があれば安全に繋がるかについて考えてみましょう。
まずは、人間の誤った判断を制御する装置の実装です。
これは「行けると思った」、「ギリギリ通れると思った」など、思い込みや勘頼りの運転による事故を減らしてほしいという声です。
事故や事件の正確なデータの蓄積におけるYES、NOで被害者が減れば、子供やお年寄りも道路を安全に移動できます。
また、法定速度の遵守も今後の解決すべき課題です。
これも法律を守らない人間側に対して、完全な自動運転で倫理感の欠如などモラルハザードを防いでほしいとの声がありました。
最後に設備や道路環境の整備が求められています。
やはり自動運転車を導入しても、整備できる環境が身近にないと困ります。
安全に自動運転車を利用するには安全の保障と環境整備が課題のようです。


この記事をシェアする