自動運転とは?最新技術と各種これまでの機能や未来について

>

自動運転のデメリット

もしものトラブルや異変のときの対応

自動運転が実用化された際に事故を起こした時、その責任はどこに行くか皆さんわかりますか?正解は「まだ分からない」です。
人間が運転時に事故を起こしてしまった際、ブレーキの踏み間違いや居眠り運転、ボーっとしていたことが原因なら、当たり前ですが責任の所在は人間になります。
しかし自動運転システムに身を任せて運転している時に事故を起こしたり、または巻き込まれたりした場合、責任の所在が運転手にあるのか自動車メーカーか、はたまたソフトウェアメーカーになるのか?といった緊急時の判断や対応が難しい状況に当たってしまう可能性が浮上してくるのです。
これらの問題が今後の法整備やマニュアルの制定等で明確化されることを願うばかりです。

機能障害が発生した時の修理場所

従来、車の修理は主に「街の整備工場」、「カーディーラー」、「大手の車用品店」の3つの業者に依頼が可能となっています。
そして自身の所有している車の保険会社が提携している店舗もしくはロードサービスに頼むなどといった選択肢があると思います。
現在、公共の道路を走行していない自動運転車は今後どのような扱いになるのでしょう?高速道路で急に止まってしまったら大事故につながる恐れもあります。
実用されるのはまだ先とはいえ、購入を検討している人も中にはきっといるはずです。
なるべく早く、開発会社とIT技術の開発やシステム保守を担っている会社は情報や取り組みをまとめ、消費者に分かる形での情報開示が求められるところで今も研究と開発が進んでいます。


この記事をシェアする