自動運転とは?最新技術と各種これまでの機能や未来について

>

自動運転の「レベル」とは何か

現状で利用している技術

人間の代わりにシステムが操作を行うという自動運転の実現には、様々な先端技術が必要不可欠です。
自動運転システムには大きく3つの機能が求められており、まず車や人の位置、周辺情報を認識する機能、次に人間に代わる判断を行うことができる機能、そして24時間運転手を監視するという機能です。
それらは位置特定技術やAI、モニタリング技術など8つの技術に細分化されながら、日々研究、活用されているのです。
例えば車載カメラや後続車無人隊列走行技術。
これらは車内外の様子や後続車の車間を判断する機械が機能することにより、追従する走行技術を利用可能にしました。
また、自動ブレーキも運転手が事故に巻き込まれたり、ブレーキを踏み間違えたりしないよう、自動運転システムが人間の代わりに周囲の様子を観察して判断を行っています。

今後変更や改良が求められる点は

自動運転は従来にはない移動手段のため、関連するセンサー類やAIなど自動運転技術のさらなる進化が求められる日本ですが、今後自動運転の開発が進み実用化が可能な段階に入った場合、今度は法整備の支援や変更が必要になっていきます。
今までの法規制では運転者の補助や介入が前提とされ、自動運転を実現し普及するためには法整備が欠かせません。
なお、2020年6月に国連で行われた自動車基準調和世界フォーラムでは、日本の「改正道路交通法」に追随する形で自動運転レベル3に関する国際基準が成立し、開発に関心を持つ世界各国が自国の法律に反映することになりました。
技術革新はもちろん、国際的なルール作りが今後も求められることでしょう。


この記事をシェアする