もっと安全な運転のために!自動運転に必要な安全とは

自動運転とは?最新技術と各種これまでの機能や未来について

自動運転の「レベル」とは何か

現時点の技術では人々が思い描くような走行はできないようですが、それでも自動運転を目指して発明や改良されている技術、アイデアは素晴らしいものです。 既に車載されているもの、走行などに必要な技術等をご紹介します。 そして、今後の開発について注目してみましょう。

自動運転のデメリット

今後の展望が期待される自動運転車ですが、現状で考えただけでも若干の不安要素が存在します。 今回はそのような自動運転者についてのデメリットについて注目します。 皆さんは自分が買った自動運転車が何らかの不備で動かなくなってしまった時、どこに連絡すればいいか想像ができますか?

今後期待される自動運転車の性能とは

自動運転のメリットとして、ユーザーの利便性や快適性の向上が期待されていることでしょう。 理由としては一人で車で移動している最中も仕事などができるからです。 皆さんが期待する自動運転車には、どの様な機能が付いているのでしょう? 想像するだけでワクワクしそうです。

自動運転のために必要な技術

CMなどの広告媒体で自動運転を目にすると、ドライバーがいない状態の車が自動で当たり前に走るようなイメージですが、残念ながらそれはまだ未来のお話かもしれません。
上記のようなイメージを実現するためには、膨大な先端技術とトライアンドエラーが必要になります。
日本の国土交通省やアメリカの自動車技術者協会では、自動運転の技術を0から5の6段階のレベルに分け、以下のように定義しています。
レベル0はドライバーが全部の運転操作を行っており、レベル1はハンドル操作かアクセルとブレーキのいずれかをシステムがサポートしている状態をいいます。
レベル2ではハンドル操作と速度調整の両方を車載システムがサポートします。
日本ではレベル3で特定の場所なら自動運転が可能な状態になっており、必要に応じてドライバーが操作する対応がとられています。
つまり、レベル2まではドライバーが運転し、レベル3からは車載システムなどが主体となってくるのです。
レベル1もレベル2もクルマがドライバーにとって代わるものではなく、ドライバーは常にハンドルを握っている必要があります。
そのため、運転の責任はすべてドライバーが負うことになり、「自動運転車」ではなく「運転支援車」と呼ばれるのです。
知っていましたか?現状、日本を含め開発に携わっている世界各国が目指しているのはレベル4もしくはレベル5であり、すべての場所で自動運転が可能な状態にすることなのです。